Loading
まち歩き

冬の金沢特別まち歩きツアー③ 古地図片手に卯辰山寺院群・名所探訪

加賀藩3代藩主・前田利常が江戸時代の初期に整備した、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている「卯辰山寺院群」。卯辰山の麓の斜面に寺社が立ち並び、歴史的景観を残しています。冬枯れの風景と、神社仏閣の凜とした美を堪能します。

主催事業者名Organizer (一社)金沢市観光協会 Kanazawa City Tourism Association. この事業者のプラン一覧を見る
実施日When 12月22日(日)/2月16日(日)
所要時間How long 約3時間30分
集合場所Meet at 金沢駅観光案内所

料金:2,500 円 (税込) 片道バス運賃、拝観料、お茶・お菓子代、旅行傷害保険

プランのポイントHighlight

加賀藩3代藩主・前田利常が整備した「卯辰山山麓寺院群」

観光客に大人気のスポット・ひがし茶屋街の背景をつくる卯辰山には、藩政期以前から多くの寺社が建立され、約50の寺社が散在しています。坂道や長い階段、迷路のような小路などが続き、四季折々に変化に富んだ散策が楽しめます。現在は「卯辰山山麓寺院群」として国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

釈迦如来の目が動く!?「西養寺」

西養寺は、加賀藩主前田利家も参詣した天台宗のお寺です。秘蔵される「釈迦出山図」の掛軸は、見つめていると釈迦如来の目が動くといわれています。そのほか、手を叩くと白山に通じるといわれる井戸やゆうれい窯の伝説があるなど、興味深いお寺です。本堂と鐘堂は金沢市の指定文化財になっています。

金沢三大仏の釈迦如来立像「蓮昌寺」

蓮昌寺は、卯辰山山麓寺院群のほぼ中心に位置する日蓮宗のお寺です。元禄年間(1688-1704)に作られた高さ約4.85メートルの木彫りの釈迦如来立像があります。享保21(1736)年4月7日の大火でお寺の本堂は焼失しましたが、この大仏は難を逃れたそうです。

プラン詳細Plan

料金price(yen) 2,500円 (税込) 片道バス運賃、拝観料、お茶・お菓子代、旅行傷害保険
実施日Date 12月22日(日)/2月16日(日)
所要時間Approximate time required 約3時間30分
集合場所Meeting point 金沢駅観光案内所
集合時間Meeting time 9:00(受付開始時間 8:40)
解散場所Dismissing point ひがし茶屋休憩館
解散時間Dismissing time 12:30
詳細内容Details 金沢駅
↓路線バスで森山バス停へ
心蓮社(庭園)

全性寺(山門)

西養寺(釈迦出山図)

蓮昌寺(金沢3大仏・釈迦如来像)・お茶休憩

宇多須神社

ひがし茶屋休憩館(現地解散)

※カメラは各自ご持参ください。種類は問いません。
 こちらではカメラを準備いたしません。
対象年齢Qualifying age 不問
定員Capacity 20名
キャンセルの場合Cancellation キャンセルの場合は必ずご連絡下さい。
事業者名Vendor name (一社)金沢市観光協会 Kanazawa City Tourism Association.
住所Adress 石川県金沢市木ノ新保町1-1 JR金沢駅構内 
電話番号Phone 076-232-5555
電話受付可能時間Open hours 平日 9:00~17:45
FAX番号Fax 076-232-1170
WebサイトWebsite http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/
SNS
保存プランを見る0
↑ ページの最上部へ