Loading
イベント

【徳田秋聲記念館】5/8・7/3 生誕150年記念企画展「秋聲の家―徳田家所蔵品展」ギャラリートーク

明治4〈1871〉年生まれの秋聲は、今年生誕150年を迎えます。これを記念して、関東大震災、そして東京大空襲をも奇跡的に免れ、東京都文京区に現存する徳田家(都史跡、通常非公開)においてご家族により大切に保管され続けてきた貴重な秋聲遺愛品の数々を公開します。

主催事業者名Organizer 徳田秋聲記念館 この事業者のプラン一覧を見る
実施日When 5月8日(土)、7月3日(土)
開催時間Time 午前11時~/午後2時~各回40分程度
実施場所Where 徳田秋聲記念館

料金:310 円 (税込) 65歳以上210円、高校生以下無料

プランのポイントHighlight

徳田秋聲記念館

浅野川にかかる梅ノ橋のたもとにあり、自然主義文学の大家、徳田秋聲を紹介する記念館です。黒瓦を採用し、格子を取り入れた外観など、金沢の街並みに似合うように造られており、内部には展示室をはじめ、再現書斎や人形シアター、休憩コーナーなどがあります。

プラン詳細Plan

料金price(yen) 310円 (税込) 65歳以上210円、高校生以下無料
実施日Date 5月8日(土)、7月3日(土)
開催時間Time 午前11時~/午後2時~各回40分程度
実施場所Where 徳田秋聲記念館
〒920-0831 石川県金沢市東山1-19-1
詳細内容Details  明治4〈1871〉年、金沢に生まれた秋聲は、明治28年、25歳(数え年)で再上京し、同39年、本郷森川町(現文京区本郷)に終の棲家を定めたのち、73歳で亡くなるまでの約40年間をこの地に暮らしました。震災も戦災をも免れ、100年という時を超え同地に現存する秋聲の家は、昭和25年、彼を慕う文士たちの働きにより東京都の史跡に指定され、今なお作家の暮らした在りし日の痕跡をそこに留めています(通常非公開)。
 この展示では、ご家族により大切に守られ、今に残された秋聲遺愛品の数々を公開します。

当館学芸員が展示解説を行います。(各回40分程度)

定員:各回5名
申込:各回1か月前より電話にて受付開始
   徳田秋聲記念館 076-251-4300
対象年齢Qualifying age 不問
定員Capacity 各回5名
キャンセルの場合Cancellation キャンセルの場合は必ずご連絡下さい。
事業者名Vendor name 徳田秋聲記念館
住所Adress 金沢市東山1丁目19番1号
電話番号Phone 076-251-4300

実施場所MAP

保存プランを見る0
↑ ページの最上部へ