Loading

大和温氏による神秘的な創作人形と宇都宮千佳による独創的な舞、山田のぶの障子に映る映像、竹原均の照明が幻想的な異次元世界を創り香司友代香の散華香が五感を刺激します。
舞の後は、薄あかりのもと金澤ならではの季節の上生菓子とともにお抹茶をどうぞ。
冬の夜、金澤町屋での贅沢なひとときを!団体5名以上様別日開催可能、時間応相談。

主催事業者名Organizer 町屋塾 この事業者のプラン一覧を見る
実施日When 毎月第4金曜日
1月28日
※スペシャルバージョン2月25日、26日
3月25日
4月22日
5月27日
6月24日

今後の感染状況によっては、変更・中止となる場合があります。

開催時間Time 18:30 開場 19:00‐20:00
 
実施場所Where 町屋塾

料金:4,000 円 (税込) 舞・映像、 香 その後薄茶、上生菓子 

プランのポイントHighlight

神社で奉納するクバ扇の舞とオリジナル創作人形・面との独創的な舞

1ウズメの舞
毎年春祭、秋祭で奉納される舞を町屋塾用にアレンジした舞をご覧いただきます。
2~源へ~
この舞台のベースになっているお話は、日本に古くから伝わる羽衣伝説と北の国に伝わるアザラシのお話をもとに創作しました。
本「狼と駆ける女たち」(クラリッサ・ピンコラ・アステス)
の中のアザラシの皮・魂の皮(sealskin/soulskin)より。

人形と面、舞と映像の紡ぎだす幻想的かつ力強い世界をお楽しみください。

【舞踊手】
宇都宮千佳(Chika Utsunomiya)プロフィール
愛媛県鬼北町生まれ。幼少から立脇紘子バレエ研究所にてバレエに親しみ、金沢大学、東京学芸大学大学院で現代舞踊、運動学を学ぶ。創作舞踊を邦正美氏に師事。
1989年渡英。ラバンセンターを経て、ダンスカンパニGuarnera/Guyのコンポーザー&ダンサーとして、ロンドンを中心に活動し、1993年帰国。帰国後、アカデミーオブパフォーミングアーツ、国際福祉医療カレッジ、近畿大学舞踊講師などを兼任。1997年、金沢に移住しSeeress dance & earthを拠点に舞踊手として活動。
2010 年、町屋塾を開く。
宇多須神社や浅野川で万物に感謝する祈りの舞を舞う(神社での奉納舞12年、舞歴50年) 「生きるように舞う、舞うように生きる」「淡の舞」を心に日々のくらしと舞を重ねる。日々のくらしを心地よくていねいに、地に足のついた仕事・生活をすることをとおして、本来の自分、心と体と地球の元気・つながりを取り戻すことをめざしている。女川に菜の花油の灯をともす会共同代表。


【感想】

小さな宇宙を感じさせていただきました。

あっという間の時間でしたが、
今日もいまだにその感覚が残っています。

特に踊り手とやまとの共演は印象に残りました。
踊り手の心がやまとに入って一体化したり、離れて友達みたいになったりはたまた、見ず知らずの関係になったり、、、
と変化していくのがすごいなぁ面白いなぁと思いました
舞は奥深いなー  (M.Y様)

​今日は幻想的な夜をありがとうございました。
舞、灯りの演出、音、香り、そして、帰ってからいただいた身体に優しいお料理。
全てが夢の世界にいるような素敵な時間でした。
お人形の舞、自分の中にある善と悪を見事に撃ち抜いていたと思います。
わたしにはそう感じました。(M.M様)



動画 https://youtu.be/jWIBzcV-Rkc

障子に映し出される映像、暗闇の中、和ろうそくのあかり

和の空間に入るとともに映し出される映像で異次元へと導かれます。

金澤町屋塾ならではのお香とお茶とのコラボレーション!

散華香の香りをきき、舞のはじまりを待ちます。

終了後は、茶室での幻想的なあかりの中でのお抹茶と上生菓子を
お楽しみください。

お店からのコメントMessage from the vendor

冬の夜、タイムトリップしたかのようなひがし茶屋街を歩き、つきあたりの「ふ」の店までたどりつくと、右折、左折、右折、左折・・・とくりかえした路地裏に目的の場所はあり、龍があなたを出迎えてくれます。

・・・・
町屋塾は、ひがし茶屋街と浅野川(梅ノ橋~天神橋)の間に位置する路地裏にあり、漆喰の白龍が目印。近年の龍ブームに乗って町屋塾は「龍の家」と呼ばれています。
築100年の町家に興味のある方もどうぞお越しください。
新型コロナウイルス感染症対策を徹底してみなさまのお越しをお待ちしております。

白龍
白龍 町屋塾の守り神

プラン詳細Plan

料金price(yen) 4,000円 (税込) 舞・映像、 香 その後薄茶、上生菓子 
実施日Date 毎月第4金曜日
1月28日
※スペシャルバージョン2月25日、26日
3月25日
4月22日
5月27日
6月24日

今後の感染状況によっては、変更・中止となる場合があります。

開催時間Time 18:30 開場 19:00‐20:00
 
実施場所Where 町屋塾
〒920-0831 金沢市東山1-34-6
詳細内容Details 東山茶屋街から歩いて五分、漆喰龍が目印の町屋塾にて

障子に映る映像、光と影によって表情を変える人形の舞、・・・静謐な時間が流れる異空間へようこそ!

ろうそくの薄あかりにほのかに照らされる宇都宮千佳による人形と舞、山田のぶ氏の映像・・・時を忘れたかのようなひとときをお楽しみください。

①ウズメの舞  
②世界各地に伝わるハゴロモ伝説をもとにアレンジした作品「源へ」
生まれて、生きて、この世を去る、そして私たちはどこへ行くのだろう。
人は心とからだをもっています。そしてもうひとつ死んでもなお永遠に続く「魂」といわれるものがあるといわれています。
今回の作品は、その魂である「人形ヤマト」と女、シンボリックに使われる黄色の布、ふたつの面がからみます。 光と闇、あの世に還る、自分自身に還る、自分の居場所に還る・・・
19:00~20:00(開場は30分前)

舞:宇都宮千佳
映像:山田のぶ
照明:竹原均
散華香:友代香
誘い人:若杉多津子
協力:ブルースウィルソン

舞の前後に、友代香による今回のために調香された香りをきき、
舞の後には、美味しい季節の主菓子とともに薄茶を一服味わっていただきます。

参加費:4,000円

※公演前後の時間、ご希望の方には近くの穴場のお店をご紹介いたします。

今後の予定
◇2月夜ばなし・雪女 本多和による朗読+宇都宮千佳による人形舞
◇3月桜舞 

対象年齢Qualifying age 不問
集合場所Meeting point 町屋塾
〒920-0831 金沢市東山1-34-6
定員Capacity 各回10名様
予約締切Reservation due date 定員になり次第締め切り 
キャンセルの場合Cancellation 当日、連絡のない場合100%、前日50%
関連サイトRelated website お客様のご感想
備考note 5名様以上で開催いたします。
5名様以上で別日程でも開催いたします。
貸切プランもあり。お問い合わせください。
事業者名Vendor name 町屋塾
住所Adress 石川県金沢市東山1-34-6
電話番号Phone 076-252-3176
電話受付可能時間Open hours 10:00~20:00(木曜休)
FAX番号Fax 076-252-3176
WebサイトWebsite http://www.machiyajuku.com/
SNS

実施場所MAP

保存プランを見る0
↑ ページの最上部へ