Loading

金沢弁で語る「金沢の昔話」を楽しみ
「金沢の情景を織り込んだ唄」を三味線の弾き唄いで聞く。
会場は、今も芸妓さんを抱える現役のお茶屋さんのお座敷。
古い金沢の何気ない日常、昼間の情緒をお楽しみください。

「金沢弁の昔話」と「三味の音」
~かなざわの音音~ちょっこし聞いて行くまっし。

主催事業者名Organizer 縁音 この事業者のプラン一覧を見る
実施日When 【10月】 29(金)
【11月】 26(金)
【12月】 17(金)


※団体様(10名以上)は記載実施日以外でも承りますので、お気軽にご相談下さい。
所要時間How long 演目約30分。
ご希望があれば終了後、金沢弁や三味線のレクチャーを致します。
お時間のある方は、演者との気軽な金沢談義もお楽しみください。
(最長60分)
実施場所Where 藤乃弥

料金:3,000 円 (税込)

プランのポイントHighlight

金沢に伝わる昔話を金沢弁で聞く。

金沢の地名の由来と言われる「芋掘り藤五郎」や、金石のお寺に伝わる「飴買い幽霊」などを金沢弁でお楽しみいただけます。

語り手:玉井明日子
【プロフィール】
金沢市東山生まれ。「語り」に魅せられ、昔話の語り手として活動を始める。金沢弁での民話を初め、様々なジャンルの物語を語る。「金沢ナイトミュージアム」出演。NHKBSプレミアム「こわでん」出演など活動の場を広げている。

三味線の音が奏でる金沢情緒

金沢の情景を織り込んだ「千扇小唄」や、金沢港近くの大野町の情緒漂う「大野小唄」などを聞いていただきます。

端唄と三味線:千本民枝 
【プロフィール】
金沢市大野町生まれ。祖母は端唄千本流金沢分家家元、千本扇民。
8歳より祖父母の影響で三味線を始める。
10歳で端唄千本流「千本民枝(ちもとたみえ)」となる。15歳で同流師範免許を取得。
金沢市内3箇所で教室を持ち、端唄・俗曲と三味線の指導にあたる。
「和」を楽しむ人の「輪」が広がればと、平成25年より「和ライブ」を開始。定例で年二回、社中の「端唄会」を開催するほか、三味線奏者として「和ライブ」や各種イベントでも活動中。

白粉の香りが漂うお茶屋さんのお座敷

会場は、ひがし茶屋街の中心にある現役のお茶屋。
二階のお座敷から茶屋街のメイン通りを眺めたり、大名気分で記念記念撮影。
ぷちっと贅沢、金沢気分!を満喫して下さい。

プラン詳細Plan

料金price(yen) 3,000円 (税込)
実施日Date 【10月】 29(金)
【11月】 26(金)
【12月】 17(金)


※団体様(10名以上)は記載実施日以外でも承りますので、お気軽にご相談下さい。
所要時間Approximate time required 演目約30分。
ご希望があれば終了後、金沢弁や三味線のレクチャーを致します。
お時間のある方は、演者との気軽な金沢談義もお楽しみください。
(最長60分)
開催時間Time 午後1時30分より
実施場所Where 藤乃弥
〒920-0831 〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目14−6
詳細内容Details 【プログラム】
語り:「芋掘り藤五郎」「飴買い幽霊」など
三味線:「千扇小唄」「大野小唄」ほか

演目約30分。
ご希望があれば終了後、金沢弁や三味線のレクチャーを致します。
お時間のある方は、演者との気軽な金沢談義もお楽しみください。
(最長60分)

料金 一人様 3000円
定員15名 最低催行人数は8名です。
対象年齢Qualifying age 大人(小学生以上から楽しめます。)
アクセス方法Visiting the Place 金沢駅東口バスターミナルより、市内路線バス・城下まち金沢周遊バス・JRバスをご利用の場合は「橋場町」下車。徒歩4分。
お車でお越しの際は付近の有料駐車場をご利用ください。
定員Capacity 15名 最低催行人数8名
予約締切Reservation due date 1週間前
キャンセルの場合Cancellation キャンセルの場合は必ずご連絡下さい。
関連サイトRelated website Facebookページ「縁音~えんね~」
備考note このプランの「語り」と「三味線」の演者は出張もいたします。
各種ご宴会・イベント、移動中のバスの中での語りや演奏も可能です。
お気軽にお問い合わせください。
事業者名Vendor name 縁音
住所Adress 金沢市大野町4丁目リ158番地15
電話番号Phone 090-7749-5313
電話受付可能時間Open hours 9時〜18時
FAX番号Fax 076-267-2021
SNS

実施場所MAP

保存プランを見る0
↑ ページの最上部へ