Loading
体験 イベント

ひがし茶屋街界隈の老舗三味線店で縁音 金沢弁の昔話と三味の音、ちょっこし聞いていくまっし。

『かなざわの音音』福嶋三絃店で縁音♪

金沢市東山。芸妓さんも御用達の老舗三味線店「福嶋三弦店」の二階にある御座敷で、『昔話の語り手』と『三味線の師匠』が繰り出す、金沢の風情。
金沢に伝わる昔話と金沢の端唄三味線を聞いた後は、お抹茶でちょっと一服。
お時間の許す限り三味線体験もお楽しみください。

主催事業者名Organizer 縁音 この事業者のプラン一覧を見る
実施日When 【4月】 1(月)、6(土)、15(月)、19(金)、22(月)、26(金)
【5月】 13(月)、17(金)、18(土)、20(月) 【5月】 15(水)、24(金)は既に貸切です。
所要時間How long 最長60分
演目(約30分)の後にお抹茶と三味線体験。
実施場所Where 福嶋三弦店

料金:2,000 円 (税込) お抹茶・三味線体験付き *学生料金あり

プランのポイントHighlight

金沢に伝わる昔話

金沢の地名の由来と言われる「芋掘り藤五郎」や、金石のお寺に伝わる「飴買い幽霊」などを金沢弁でお楽しみいただけます。

語り手:荒木明日子
【プロフィール】
金沢市東山生まれ。金沢弁の昔話の語り手として知られる。
グラフィックデザイナー、イラストレーターを経て、昔話の語り手となる。
「芋ほり籐五郎」「飴買いゆうれい」など金沢の民話を金沢弁で語るほか、「日本の神話シリーズ」「日本の昔話」「グリム童話」「ケルトの昔話」などこれまで覚えた物語は100話以上。音楽や踊りとのコラボなど活動の場を広げている。
日蓮宗 金澤山本蓮寺 寺庭婦人

三味が奏でる金沢情緒

金沢の情景を織り込んだ「千扇小唄」や、金沢港近くの大野町の情緒漂う「大野小唄」などを聞いていただきます。

端唄と三味線:千本民枝 
【プロフィール】
金沢市大野町生まれ。祖母は端唄千本流金沢分家家元、千本扇民。
8歳より祖父母の影響で三味線を始める。
10歳で端唄千本流「千本民枝(ちもとたみえ)」となる。15歳で同流師範免許を取得。
金沢市内3箇所で教室を持ち、端唄・俗曲と三味線の指導にあたる。
「和」を楽しむ人の「輪」が広がればと、平成25年より「和ライブ」を開始。定例で年二回、社中の「端唄会」を開催するほか、三味線奏者として「和ライブ」や各種イベントでも活動中。

三味線を弾いてみましょう

ひがし茶屋街近くで江戸後期から150年続く老舗三味線店で三味線体験。まずは「♪さくらさくら」の演奏にチャレンジ!

【福嶋三弦店】
三味線の修理・販売はもちろん、製造している三味線専門店としては北陸唯一。江戸後期から手作りにこだわり、現在は4代目と5代目が従事している老舗です。

プラン詳細Plan

料金price(yen) 2,000円 (税込) お抹茶・三味線体験付き *学生料金あり
実施日Date 【4月】 1(月)、6(土)、15(月)、19(金)、22(月)、26(金)
【5月】 13(月)、17(金)、18(土)、20(月) 【5月】 15(水)、24(金)は既に貸切です。
所要時間Approximate time required 最長60分
演目(約30分)の後にお抹茶と三味線体験。
実施場所Where 福嶋三弦店
〒920-0831 石川県金沢市東山1-1-8
詳細内容Details 1日2回公演(要予約)
①13:30~ ②15:00~

一般2000円 高校生1500円 小中学生1000円

【プログラム】
語り:「芋掘り藤五郎」「飴買い幽霊」など
三味線:「千扇小唄」「大野小唄」ほか

演目終了後、お抹茶と三味線体験をお楽しみください。
対象年齢Qualifying age 大人(小学生以上から楽しめます。)
アクセス方法Visiting the Place 金沢駅東口バスターミナルより、市内路線バス・城下まち金沢周遊バス・JRバスをご利用の場合は「橋場町」下車。徒歩3分。
お車でお越しの際は付近の有料駐車場をご利用ください。
定員Capacity 各回15名
予約締切Reservation due date 前日18時まで(空きがあれば当日でも可。)
キャンセルの場合Cancellation キャンセルの場合は必ずご連絡下さい。
関連サイトRelated website Facebookページ「縁音~えんね~」
備考note このプラン『かなざわの音音』(語りと演奏)は出張もいたします。
事業者名Vendor name 縁音
住所Adress 金沢市深谷町ニ50
電話番号Phone 076-258-0707
電話受付可能時間Open hours 10時〜18時
SNS

実施場所MAP

保存プランを見る0
↑ ページの最上部へ