Loading

旅がもっと楽しくなる ― かなざわ自由時間 ―

特集
あなたも工芸の目利きになる “KOGEI”の街を歩く

あなたも工芸の目利きになる“KOGEI”の街を歩く

金沢では、藩政期から今日に至るまで様々な工芸が受け継がれており、まちなかにある美術館、ギャラリー、お店には、いつも工芸やアートがあふれています。加賀藩ゆかりの工芸品からお土産にしたいかわいい工芸品まで、あなたのお気に入りを探しに出かけてみませんか。今回は、兼六園周辺での工芸の楽しみ方をご紹介します。

おすすめのプラン一覧
スワイプで切り替え可能です

石川県立伝統産業工芸館

この看板が目印です

36業種の伝統工芸品がすべて展示されています

伝統工芸の体験も楽しめます

1階にはショップも併設されています

まずは伝統工芸を知るところから

兼六園の小立野口近くにあるいしかわ生活工芸ミュージアム(石川県立伝統産業工芸館)では、県内36業種の伝統工芸品を一堂に見学できます。毎週土曜・日曜は伝統工芸士が来館。巧みな技術を間近で見ることができるのは貴重な体験です。また新鮮なキュレーションによる季節ごとの企画展も人気。

スワイプで切り替え可能です

日本海側初の国立美術館である国立工芸館

「旧陸軍第九師団司令部庁舎」の階段。明治の洋風建築の趣が感じられます。

夜のライトアップもたいへん綺麗です。

日本海側初の国立美術館で日本の工芸に触れる

金沢にまた一つ、工芸の神髄が見られる美術館が誕生しました。2020年10月に東京から移転した「国立工芸館」は、いしかわ生活工芸ミュージアム(石川県立伝統産業工芸館)と石川県立美術館の間に立地しています。東京から移転された所蔵品は、なんと約1,900点以上!年4回、テーマに基づいて所蔵品展が催される予定だとか。すごく楽しみですね。
またこの美術館は、明治時代の洋風建築を移築・再現したものです。金沢市内にある木造の旧陸軍施設で、国の登録有形文化財に登録されている「旧陸軍第九師団司令部庁舎」と「旧陸軍金沢偕行社」(元は将校の社交場)を移築・活用したものであり、建築好きにとっても興味深い場所になっています。漆工芸の名匠として、「漆聖」とも称えられた松田権六氏の工房を再現したお部屋も見どころ。
日本海側初の国立美術館で、日本の工芸技術のすばらしさに浸ってみてはいかがでしょうか。

スワイプで切り替え可能です

石川県立美術館

美術品のようなスイーツで一息

金沢の美術工芸の原点を探る

王道の伝統工芸をじっくり楽しんだら、次は美術工芸の世界へ。石川県立美術館は金沢の工芸の原点が見えてくる名品揃い。特に野々村仁清作の色彩華やかな「色絵雉香炉」と毛づくろいをする「色絵雌雉香炉」がつがいで並ぶ姿は必見。
じっくり美術工芸を楽しんだあとは、ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ KANAZAWAでスイーツとお茶と工芸談義はいかが?

スワイプで切り替え可能です

石段を降りると、涼やかな空間が広がります

耳をすませば滝の音が

木漏れ日の中をすすみましょう

緑の中の静寂を歩く

石川県立美術館の裏手に周ると、涼やかな滝の水音が。ここは「美術の小径(こみち)」。石川県立美術館と中村記念美術館を結ぶ近道です。小鳥のさえずりをききながら、石段をトントンと降りると、街の中とは思えないくらい静寂な緑の空間が広がります。本多の森の木漏れ日の中を進みましょう。

スワイプで切り替え可能です

庭園越しに茶室「耕雲庵」が見えます

中村記念美術館・外観

旧中村邸

茶道具の名品コレクションを拝見

石段を進むと見えてくるのが、中村記念美術館と旧中村邸です。金沢で酒造業を営む実業家で茶人の中村栄俊氏(1908~1978)が精力的に収集した、ここでしか見られない茶道具を中心とする名品コレクションが揃っています。
コレクションを楽しんだあとは、美しい庭園を眺めながら、お好みのお茶碗を選び、お茶とお菓子をいただきましょう。
(新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、喫茶室は当面の間、休止中です)

スワイプで切り替え可能です

金沢21世紀美術館のすぐそばです

素敵でカワイイ作品を楽しめます

2階はギャラリーになっています

かわいい工芸にも出会いたい

金沢21世紀美術館のすぐそば、金沢能楽美術館の隣にある金沢・クラフト広坂は、20種類以上もの伝統工芸品を中心としたアンテナショップです。ちいさなお針子や色とりどりの加賀てまりなど、思わず「かわいい!」と連発してしまいそうなアイテムがたくさん。リーズナブルなアイテムもあるので友達へのプレゼントにぴったりかも?

スワイプで切り替え可能です

金沢クラフトインデックスマップがあると便利!

さあ、KOGEIの世界へ出かけよう

今回ご紹介したところ以外にもKOGEIの見どころがいっぱいの金沢。広坂界隈には、まちに開かれた公園のような新感覚の現代美術館「金沢21世紀美術館」に加え、現代アート美術館「KAMU kanazawa(カム カナザワ)」もオープンし、現代アート作品が楽しめます。
金沢駅構内の観光案内所でもらえる「金沢クラフトインデックスマップ」には、もっとたくさんの美術館やギャラリー、ショップを紹介しています(Web版はコチラから)。
さあ、KOGEIまち歩きを楽しみましょう!

<文:
 (一社)金沢クラフトビジネス創造機構 新木伊知子>

実施場所MAP

おすすめのプラン一覧12 plans

保存プランを見る0
↑ ページの最上部へ