Loading
特集
街の細部に宿る美を感じて 旧市街秋逍遥入門

街の細部に宿る美を感じて旧市街秋逍遥入門

観光スポットだけを巡って金沢を観光した、と思っていませんか?金沢のホントの魅力は旧市街全体をお庭の様にじっくり散策して初めて見えて来ます。
特に秋は街歩きに最適!なシーズン。ウォーキングイベントに参加する様な気分でじっくり旧市街を歩き回ると・・そこには「ガイドブック」にはない「秋の金沢の深〜い魅力」がイッパイ!

おすすめのプラン一覧
スワイプで切り替え可能です

木漏れ日のシャワー

山野草園で木漏れ日シャワー

賑わうひがし茶屋街から卯辰山方面へ僅か300Mほど歩くだけで鬱蒼とした木立に包まれた深〜い森、山野草園に到着。ここではただ「木々の吐息」を感じてゆったり自然と対面して欲しい。紅葉点描画を見ながら木漏れ日のシャワーを浴びるのも「金沢らしい」時間の過ごし方。観光スポットだけじゃない「小さい秋」を見つけよう。
もっと詳しく(金澤コンシェルジュ通信)

スワイプで切り替え可能です

水鏡の庭

大拙館でまるさんかくしかく

鈴木大拙館は豊かな本多の森(加賀藩本多家の敷地であったためほぼ原生林と言っていい自然がそのまま)を借景として大いに楽しめる場でもある。館の外側の無料ゾーンも充実度が高いこの施設、の水鏡の庭に午後の光が出現させた‘まるさんかくしかく’(大拙哲学の重要なモチーフ)隣接する松風閣庭園(無料)も見どころタップリ。
もっと詳しく(金澤コンシェルジュ通信)

スワイプで切り替え可能です

クルクルと移り変わる空模様

金沢晩秋の回り舞台

晩秋から冬にかけて日照時間は少なくなるけど、実は「回り舞台」の様にクルクルと移り変わる空模様が多くなる面白い季節でもある。陽が差して雨が降り、また陽が差す中に雨が降り・・街全体に雨の釉薬がかかった様に煌めく光景はこの季節ならでは。雨が降っているタイミングこそ逆にお散歩のチャンス!卯辰山宝泉寺五本松から。
もっと詳しく(金澤コンシェルジュ通信)

スワイプで切り替え可能です

金沢の朧月夜

金沢城で月見の王道

高低差に富む金沢は朧月夜が多いことも相俟って美しい月の光景が楽しめる機会が多い街。様々な前景とコラボレーションして「一枚の絵」の様な眺めを出現させる。しいのき迎賓館の緑地から金沢城城壁の上に雲を伴い浮かぶ月は思わず声が出そうな美しさ。満月に合わせて‘金沢お月見旅行プラン’をたてる、のも大オススメ。
動画でみる(YouTube)

スワイプで切り替え可能です

枯葉の祝宴

卯辰流 野外いけばな展

北風が弱く適度に雨が降る金沢では枯葉は真っ直ぐ落ちて積もるので誰も触れなければベンチの上にこんな光景が。茶屋街から僅か約700m、卯辰山菖蒲園から鳥居をくぐり石段坂を登った途中、訪れる人もまばらな招魂社(護国神社の前身)跡地で密かに開催されていたちょっぴり不思議な枯葉の祝宴。野外いけばな展?なんて想像するのも楽しい。
もっと詳しく(金澤コンシェルジュ通信)

スワイプで切り替え可能です

自分だけの‘金沢小景’をみつけよう

金沢城と桜の枝で自分だけの絵画

兼六園と金沢城の間、広坂交差点と石川門を結ぶ蓮池門通りは左右にふわっと美景が展開する‘眺めの小道’。桜が咲き乱れる春も見事だけど、この季節は石垣と枝が構成する自分好みの眺めを‘絵画の中を彷徨う様な’感覚で探してみるのも金沢通な楽しみ方。観光パンフにはない自分だけの‘金沢小景’を発見してみて♫
もっと詳しく(金澤コンシェルジュ通信)

<文・写真 モリ川ヒロトー>

おすすめのプラン一覧14 plans

保存プランを見る0
↑ ページの最上部へ